So-net無料ブログ作成
検索選択

パトリック・チャンが男子SP首位、小塚は3位発進  フィギュアスケート・ロシア杯 [雑記]



フィギュアスケートグランプリシリーズもいよいよ後半戦に突入しました。

先週の中国杯では、町田樹選手が初優勝&初ファイナルという快挙を達成しました!日本人選手の層の厚さを感じますね。
優勝候補筆頭と見られていた髙橋大輔選手は、ジャンプのミスが目立ち2位。最終戦のNHK杯では羽生結弦選手とファイナルの座を懸けて争うことになりそうです。高橋選手も羽生選手も気合を入れて臨んでくると思うのでとっっても楽しみです!


女子は、デビュー戦を迎えるロシアの新星・リプニツカヤ選手と、浅田真央選手が出場しました。

リプニツカヤ選手、SPは良かったのですが、最終滑走となってしまったFPは一転して硬くなっていたようで、冒頭からジャンプのミスを連発。驚異的なスピンで盛り上げたものの、2位に終わりました。
シーズンジュニアタイトルを総ナメしたというリプニツカヤ選手ですが、前評判ほどの衝撃は感じませんでした。確かに上手いですけど、「ジュニアの上手さ」 という感じ。シニアにまじるとどうしてもスケーティングなどで見劣りする感じがしました(14歳当時のソトニコワ選手のほうが滑りや表現が完成されているように感じました)。ただ、まだ若い選手ですから、これからに期待ですね。

女子の優勝を飾ったのは浅田選手でした。
SPは浅田選手のイメージをガラっと変える「I got rythm」で軽快に、FPは「白鳥の湖」で白鳥と黒鳥を演じ分けて魅せる、という表現力の高さを強くアピールできたのではないでしょうか。
ジャンプで回転不足が目立ちましたが、スロースターターの浅田選手としては上々の滑り出しとなりました。
マスコミでは「新星 VS 元女王」みたいな煽りがありましたが、はっきりいって「格」が違う、そう感じさせる滑りでした。


さて、今週末はロシア杯。
男女とも今夜FPです。SPが終わって、女子は村上佳菜子選手は6位、優勝を狙うには若干厳しい位置につけましたが、調子は悪くなさそうなので、なんとか順位を伸ばして表彰台に乗りたいところ。FPは自信があるようなので期待できそうですね。
女子首位はゴールド選手。国別対抗戦でも素晴らしい演技をした、シニアデビューしたての選手です。ジャンプが綺麗ですね。アメリカの次期エース候補でしょうか。将来が楽しみな選手の一人です。

男子は、アメリカ杯優勝の小塚選手は3位、織田選手は8位。小塚選手は3位以上でファイナル確定です。
SPは惜しいミスがあり点が伸びませんでしたが全体的な滑りは良かったですね。FPに期待です。
織田選手はかなり厳しくなりましたが、FPでいい演技を見せて欲しいです。また、前の試合では、昨シーズン欠場した影響か、PCSが随分低く評価されてしまっています。ジャンプノーミスできれば…、というところでしょうか。
首位に立ったのはチャン選手。ミス(規定違反)ありで85点とは…。相変わらずスゴイデスネ~(呆)
ただ、ジャンプの安定感はまだ戻っていない感じなので、FPはどうなるでしょうか?


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。